ホーム  >  和田宣行のプロフィール

和田 宣行(ワダ ノブユキ)

役職 主任
資格 宅地建物取引士/精神保健福祉士/柔道初段
出身地 宮崎県都城市("霧島"という焼酎が有名な町です)
特技・趣味 筋トレ・読書(特に宮本輝)

経歴

  • R2.1月 入社
  • R2.9月 相続コーディネーター取得
  • R2.10月 主任に昇格
  • R2.12月 宅地建物取引士に合格
  • R3.3月 専任の取引士に登録

お客様へのメッセージ

名古屋市の中心部に、年間250件以上の不動産の査定をしているため、築年数の経過に伴う相場感覚はやはり勉強になりました。また、人気のエリアやマンションについての取引事例等は自分自身で記録しているので、お客様のご要望に応じて、「チャレンジ価格」「査定価格」「買取価格」等、分析して提案させて頂きます。
また、売買だけでなく、リフォームや外構等、「家」にまつわることであれば、何でもお手伝い致します。
さらに、弊社は一般的にな居住用の不動産だけでなく、資産形成を行う「投資用マンション」の売買も行っております。銀行預金だけではなかなか増えない時代だからこそ、株式投資等の運用と同様に不動産を活用して、万が一の備えや大切なご家族のためにマンションを販売しております。経験豊富なスタッフも在籍していますので、まずはご相談だけれも構いませんので、お気軽にお問合せ下さい。

この仕事を目指したキッカケ

入社前、他社も含め4社から内定を受けておりました。実際に当社で面接を受けたのは、2社目でした。一般的な面接の場合、面接を受けて1週間後位に内定通知等がくると思っていましたが、当日に内定を頂き正直驚きました。面接時間も2時間と、今思うと商談位の感じでしたが、社長が作り上げたい会社、そこに対して何ができるか、何をしてほしいか等を凄く話をしてもらい、「素敵な会社だな」と思っていました。
全くの未経験でしたので、はっきりいって不安でしかありませんでしたが、「ここに来たら営業ができるようになりますよ。」という社長の一言はその後もかなり印象にありました。
他社を受けていても、比較する部分の基準が変わっていったのを今でもはっきりと覚えています。人の考え方を否定するのではなく、まず受け入れて消化してみる。「今風」と言えば今風かもしれませんが、柔軟性を大変魅力に感じたため、最終的に入社を決めました。

仕事で感動したエピソード

入社当初、正直右も左もわからない状況で社長の商談に同行しました。お客様の自宅で商談でしたが、お客様からは「今日はお話を聞きたいので来てもらいましたが、買わないので、それだけは伝えておきます。」と言われ、商談が始まりました。
これまで営業の経験がない私は、お客様が話を聞くだけというならば、その通りだろうと勝手に思っていましたし、言葉そのままを受け止めた公道をとっていました。
しかし、最終的にお客様が「買います」という言葉が出てきて、さらに「ありがとうございます。」と営業担当からではなく、お客様から感謝された時、これが営業かととても感動したのを覚えています。
その当時は、物を売ることが営業の仕事だと思って入社しましたが、人間関係を構築して、納得して気持ちよく買ってもらい、お互いが喜び等の感情を共有することが営業の仕事だと感じた瞬間でした。

ページの上部へ